青い目の風俗嬢

言い過ぎじゃないです、彼女

彼女、これまでもトップクラスの風俗嬢と言っても過言ではないんですよね。それくらい良かったです。彼女の素晴らしい所は、あのプロ意識でしょうか。自分よりもお客。これを身をもって示してくれる女の子だったんじゃないかなって思いましたね。それはどういったところに現れているかって言うと、彼女はずっとこちらのために痴女を演じてくれていたんです。きっと彼女自身、キャラクターを演じるタイプだと思うんですけど、素の彼女はああいったタイプではないと思うんです。でもお客のためにという意識を持って、素の自分よりもお客を満足させることを優先しているってことじゃないですか。それがやっぱり嬉しいものですよね。それだけに、風俗では自分のことも真剣に考えるのは当然として、何よりも思うのは風俗嬢っていろんなタイプの女の子がいるってことですよね。その中から一人選ぶ…よくよく考えると、結構スケールが大きい話かなって思いますよ(笑)

美人の方が無条件に楽しいじゃないですか

美人って存在だけで風俗はとっても楽しいものなので、美人風俗嬢をと思っていますけど、ただ美人ってそれだけ競争率が高いと思うんですよね。だからこそ、そこをどう考えるのかによっていろいろと違いが見えてくる部分もあると思うんですけど、その違いをどれだけたのしめるのか。これをかんがえるようになると、風俗がより楽しいもののように思えてくるんじゃないかなって思うので、風俗で楽しむ時には美人はもちろんですけど、自分がそこまで興味をそそられないような相手に対して、どんな気持ちになるのかってことを自分でも意識しているんです。風俗には美人だけがいるんじゃなく、自分なりにいろいろなことを楽しみたいじゃないですか。だからこれを踏まえて、風俗って本当にいろんな女の子がいるので、自分の価値観をより確立させておくことが求められるんじゃないかなって思いますね。これを意識するだけでも全然違ってくるなってことを改めて自分でも感じるようになりました。