青い目の風俗嬢

単身赴任が想像以上に良かった理由

転勤というか、短期での赴任が多いんです。ホテルに暮らすこともあれば会社が用意してくれたウィークリーマンションに暮らすこともありますね。ホテルでもウィークリーマンションでも、短期間だけって思えば別にどちらでも良いのかなって気持ちになりますけど、いずれにせよ風俗を楽しみやすいので好きです(笑)賃貸だとさすがに自宅に呼ぶとなると警戒してしまう部分もあるじゃないですか。自宅の住所を知られるのはさすがに抵抗が…って思いもありますけど、ホテルでもウィークリーマンションでも、別に特に問題ないですしね(笑)知られたところで、しばらくすれば自分とは無関係になるんですし。だから風俗嬢を躊躇することなく呼べるので、この生活はそんなに嫌いじゃないんですよね。ジプシー生活とまでは言いませんけど、何となくこうして短期間でいろいろなところを回る方が、自分の性格にも合っているんじゃないかなって思うので、それはそれで楽しいんですよ。

自分が何を感じるかこそ

風俗は女の子にいろいろなことをしてもらえますけど、ジャンルによって違うじゃないですか。つまり、それだけ違うというか風俗の楽しみ方のバリエーションが幅広いってことだと思うので、最低限どのジャンルではどんなことが楽しめるのかくらいは把握しておいた方が良いんじゃないかなって思いましたね。行き当たりばったりで楽しむのではなくて、ある程度目星をつけて自分なりに楽しむ。その方が自分が求める満足が待っているんじゃないかなって思いました。そこに大きなロマンがあるような気がするんですよね。どんな快感なのかだけじゃなく、どんな満足が待っているのか。やっぱりそこがとっても大切なことなんじゃないかなと思いますよね。それだけに、風俗ではまずはジャンルの選定です。そこから、どの女の子が自分が求めている満足をもたらしてくれるのか。この流れで考えると、理想の女の子に出会いやすいんじゃないかなって。そこにようやく気付けました。