青い目の風俗嬢

初風俗から今に続くんでしょうね

これだけ長い間楽しむようになったのは、初風俗の時に良い思いをしたからこそなのかなって思っています。初風俗のことは今でも鮮明に覚えています。なぜなら、相手がとっても美人だったからこそです。あれだけの美人風俗嬢を相手に出来ただけでも「風俗に来てよかった」という気持ちになれましたからね(笑)だって普通に考えたら相手次第だった思いますけど、初風俗の時には相手によって快感や気持ちが変わるってことまで頭が回らないというか、そこまで考える余裕なんてないですよね(苦笑)一応ホームページを見て美人だなと思う子を指名したんですけど、まだまだ風俗の世界観に慣れていないので、指名しただけで、じゃあその後はどういった形で楽しむのかまでは自分でもよく分かっていなかったんです。それだけに、とっても緊張したのを今でも鮮明に覚えていますけど、女の子が上手くリードしてくれたんですよね。可愛い子がリードしてくれたからこそ、安心したんです。

話が合うと楽しいからね

話が合うと楽しいのはどんな世界でもですけど、風俗で話が合うといっきに距離感が縮まるので楽しいですよね(笑)この前遊んだ風俗嬢がそうだったんです。彼女はとある地方から出てきている女の子だったようなんですけど、自分の親の実家と近かったんですよ(笑)結構なローカルエリアなのに被る。それだけでも結構びっくりじゃないですか。だからピンポイントなテーマで楽しむことが出来たんですよ(笑)普通に生活を送っていたら、その地域のことなんてまず話に上らないと思うんですよ。それがです。彼女と一緒ということでそれだけで盛り上がりました(笑)風俗であそこまで話にのめり込んだのは初めてかもしれないですし、だからなのか彼女からの奉仕を受けている時はそれだけで楽しい気持ちにもなりましたね(笑)こうした特別な気持ちを楽しめることこそ、風俗嬢とのコミュニケーションのだいご味でもあるんじゃないかなって思いましたし、いろいろな楽しさがあるんだなって。